インプラント

電話をかける 電話をかける WEB予約

インプラント
についてIMPLANT

インプラントとは?

第二の人工歯

むし歯や歯周病で歯を失ったところに、人工歯根を入れて歯を作り、嚙み合わせや見た目を回復するための治療法です。

インプラント治療では人工歯根がしっかりと骨に固定されるため、しっかり物を噛めるようになり、見た目もきれいになります。

また、他の歯への余計な負担をかけずに行える治療方法です。

インプラント治療の
メリット・デメリット

メリット

  • しっかりと噛むことができ、好きなものを食べることができるようになる
  • 見た目が天然の歯とあまり変わらないようにすることができる
  • 自分の他の歯を削ったりせず、負担をかけずに治療できる
  • なくなった歯の位置や数に関係なく治療することができる

デメリット

  • 自費診療になるので費用が高い
  • 治療期間が他の治療に比べて長くなる
  • 全身疾患や骨の状態によっては治療ができないことがある
  • 骨が少ない場合は骨を増やす治療をする必要がある

インプラント治療の流れ

カウンセリング
患者さんがどのような治療を希望しているのかお聞きします。その上でインプラント治療やその他の治療方法についての説明を行い、どのような治療を行っていくかご相談させていただきます。
お口や全身の状態チェック
全身疾患や生活習慣、口の中の状態、習癖(歯ぎしり等)などをチェックします。(ここは一般の診療の流れと同じです) むし歯や歯周病のリスクを評価し、治療方針を決めていきます。
むし歯や歯周病の治療、全身の状態の改善
むし歯や歯周病により治療が必要なところがあれば治療を行います。また、むし歯や歯周病のリスク評価に基づき、歯磨き指導や習癖の改善などを行っていきます。コントロールされていない糖尿病や喫煙などインプラントのリスク因子があれば、かかりつけ医に協力していただき、状態の改善を図っていきます。
インプラント治療前の精密
検査、準備
CT撮影によるインプラントをする場所の骨の状態の確認や嚙み合わせ、全体的な歯の状態の確認などを行います。検査において骨が少ない場合は骨を作る手術を行ったり、正確にインプラント治療を行うための装置作りをしたりします。

必要に応じて血液検査なども行うことがあります。その結果を基にインプラントの治療計画を確認します。
インプラント1次手術
インプラントを顎の骨に埋める手術を行います。最初の手術では歯肉を切って顎の骨を出し、骨を削ってインプラントを埋めます。この際、骨が不足している場合は骨を増やす手術も同時に行うことがあります。

インプラントを埋めた後は歯肉を戻して縫い合わせます。手術の後3~6か月間、インプラントが骨に結合するのを待ちます。
インプラント2次手術
インプラントが骨に結合した後に、歯肉を切ってインプラントの頭を出す手術を
行います。
仮歯をいれる
型取りをして仮歯を作ります。一度仮歯をつけて使うことで、見た目や嚙み合わせ、その他問題がないか確認をしていきます。
最終的な歯を入れる
仮歯で調整を行い問題がなくなれば、最終的な歯の型取りをして歯を作っていきます。
メンテナンス
インプラントを長持ちさせるために定期的なメンテナンスを行います。口腔清掃の状態や嚙み合わせなどの問題がないか確認して、取り切れていない汚れを取ったり、噛み合わせの調整を行ったりします。

インプラントの注意事項

最近のインプラントは骨との結合が非常に良くなっていますが、まれに十分に骨との結合ができないことがあります。

インプラントは継続的なメンテナンス、セルフケアが必要です。メンテナンスやセルフケアを怠っているとインプラント周囲炎(インプラント部が感染し炎症がおきる)などの原因になり、インプラントがダメになることがあります。

詳細はインプラント治療前にご説明しますので、ご気軽にご相談ください。

インプラント
以外の選択肢OTHER OPTIONS

ブリッジ

ブリッジとは

ブリッジとは、主に失った歯の本数が少ない場合に用いられる治療方法です。

歯がない箇所の両隣に残っている歯を削って土台を作り、橋を架けるように人工歯を被せます。

ブリッジの特徴

  • ブリッジの方が短期間で、保険適応内であれば安価ですることができる
  • ブリッジにすると隣の歯をたくさん削ることになるが、インプラントは歯を削る必要がない
  • ブリッジは支えている歯の負担が大きくなるが、インプラントは他の歯の負担が増えることはない
  • 歯がなくなっている位置や数によってはブリッジにすることができないことがある

入れ歯

入れ歯とは

歯が1本でも残っていれば、部分入れ歯になります。部分入れ歯は1本失った場合から入れることができます。

部分入れ歯とは対照的に、歯を全て失った場合は総入れ歯になります。

入れ歯の特徴

  • 入れ歯の方が短期間で、保険適応内であれば安価ですることができる
  • 入れ歯は付け外しをすることができる。インプラントは固定してしまう方法と付け外しができる方法がある(インプラントの条件によって異なります)
  • 入れ歯は噛む力が弱いが、インプラントは天然歯の時と同じように噛むことができる
  • 入れ歯はフックをしている歯に負担がかかるが、インプラントは他の歯に負担が増えることはない
  • 入れ歯は口の中の違和感が大きい。
  • どちらもなくなった歯の位置や数にかかわらず治療ができる

歯の移植

歯の移植とは

むし歯や歯周病などで失ったところに、違う歯を移し入れる方法のことです。

インプラントや義歯とは異なり、自分の歯ですから、生体に対して優しく、歯の機能を生かした方法で、条件が合えばとても有効な方法です。

歯の移植の特徴

  • 歯の移植は自分の歯を使うのでインプラント治療より体に優しい
  • 歯の移植はできる場合とできない場合がある
  • 歯の移植をしても顎の骨につかないことがある

地域に寄り添う
歯医者を目指してSHINAGAWA DENTAL CLINIC

久留米でもっとも頼られる
歯医者になることを目標に

スタッフの患者さんへの応対やコミュニケーション、そして歯科医師としての治療技術を常に高めていき、頼り甲斐のある歯医者を目指してまいります。

お口のことならなんでもご相談ください。

診療案内を見る