親知らず

電話をかける 電話をかける WEB予約

親知らずについてWISDOM TEETH

親知らずとは

大人になってから生える「親知らず」

親知らずは一番奥に生えてくる永久歯です。「智歯」「第3大臼歯」とも言われます。

通常は10代後半から20代前半頃に生えてきます。「親知らず」の名前の由来は、親に知られずに生えてくる歯であるためと言われています。

親知らずの痛み

親知らずはなぜ痛むの?

親知らずはきれいに生えきれずに、歯肉が被って歯の一部だけ生えた状態になることがあります。

親知らずは口の一番奥の歯で清掃不良になりやすく、歯肉が炎症を起こすことがあります。(智歯周囲炎)

炎症が強い場合は、歯肉が腫れたり、痛みがでたり、口が開けにくくなったりします。

親知らずと歯並びの関係性

親知らずの生え方によっては前の歯を押すことがあり、歯並びが悪くなることがあります。
そのため、矯正をする際には親知らずの抜歯を勧められたりすることがあります。

親知らずは抜いたほう
がいいの?

きれいに親知らずが生えている場合や骨の中に完全に埋もれていて何も問題がない場合は必ずしも抜く必要はありませんが、一般的には以下の場合は抜くことをお勧めします。一人一人状態は違うので、詳細は歯科医師にご相談ください。

  • 親知らずの歯肉の腫れや痛みが繰り返しているとき
  • 親知らずやその前の歯がむし歯になって治療が難しいとき
  • 親知らずが横向きになっているとき、きれいに生えていないとき
  • 親知らずによって前の歯が障害されているとき

親知らずの抜歯について

当院では必要に応じてCT撮影を行い、親知らずの抜歯を行っております。しかし、抜歯が困難であることが予想される場合は、大学病院などにご紹介させていただく場合があります。

地域に寄り添う
歯医者を目指してSHINAGAWA DENTAL CLINIC

久留米でもっとも頼られる
歯医者になることを目標に

スタッフの患者さんへの応対やコミュニケーション、そして歯科医師としての治療技術を常に高めていき、頼り甲斐のある歯医者を目指してまいります。

お口のことならなんでもご相談ください。

診療案内を見る